[ ブラジル -セーハ・ダス・トレス・バハス 農園 ] ブラジル カルモデミナスより新しいお豆が入荷しました!

BRAZIL - SERRA DAS TRES BARRAS

" ネーブル グレープフルーツ くるみ チョコレート"

カルモ・デ・ミナスを象徴する名生産者



カルモ・デ・ミナスでのコーヒー生産

この農園はMinas Gerais州南部Mantiqueira山脈の高原地帯のCarmo de Minasに位置します。

1000m〜1450mの標高に加え、高品質コーヒー栽培のための適度な気候、降水量に恵まれています。この農園の歴史は、18世紀にPereira家の先祖がポルトガルからこの地に移民したことから始まります。


町の発展と共に成長をかさね


最初にコーヒーが栽培されたのは1866年で、1904年に現在のオーナーの祖父Gabriel Junqueiraがこの農園の管理を始めました。品質に関する発展は1914年にこの地で最初のコーヒー精選機の操作が行なわれたことから始まりました。1922年には、パティオとサイフォンタンクが作られています。パルピングマシーンや、農園で使う電気エネルギーを得るため、町で始めての水力発電さえも作られました。1994年にこの農園はさらに2つに分けられ、標高の高いほうの部分を現在の所有者である Jose Wagner Ribeiro Junqueiraが所有しました。


コーヒー生産のプロフェッショナルとして


肥沃な土壌、適度な標高、光合成に必要な十分な太陽光線の量、適度な降水量はスペシャルティコーヒーの生産には理想的な環境です。これにJunqueiraFamilyの生産者としてのプロ意識が融合して当地でも最高のコーヒーを生産しているのです。品種の選別、栽培方法、さらに、収穫、生産処理の研究に専念するにまで及んでいます。2002年には、新型グリーンセパレーターやサスペンデッドパティオの新設をして、明るくて風味豊かなカップを持つコーヒーを求めるために、たゆまぬ努力を続けています。この農園はBSCA、Gerais州、Illy Cafe等のコンペテションにも幾度も入賞しています。


コーヒー豆の詳細

生産国      ブラジル
エリア      ミナスジェライス州 カルモデミナス地区
農園       セーハ・ダス・トレス・バハス
生産者      ジョゼ・ワグネル・ヒベイロ・ジュンケイラ
品種       イエローブルボン
生産処理     ナチュラル
標高       1100〜1450m


内容量

100g ¥750(税込) 200g ¥1,500(税込) 400g ¥2,600(税込) 

How It Grind

  • 豆のまま / 新鮮さが保てます
  • 中挽き / ドリップ
  • 粗挽き / フレンチプレス
  • エアロプレス細挽き / レギュラーポジション
  • エアロプレス粗挽き / インバート

ADD TO CART

販売価格
750円(内税) / 2,600円(内税)
グラインド
サイズ
購入数

=発送のお知らせ=
・8/11-15までお盆休みをいただきます。
・8/16以降いただいた順番に焙煎して発送いたします。
どうぞよろしくお願いいたします!