[レターパックライトで発送できます]スタンダートマガジンの第8号が印刷され、マンリーへと到着しました!

STANDART Japan Issue 8

Standart Japan #8

Standart Japan 第8号の販売開始!

気候変動やそれに伴う疫病の流行によって、コーヒーの栽培に適した土地は 2050年までに現在の約半分に減ってしまう可能性があると言われています。
この「コーヒーの2050年問題」に関する話からスタートする今号。
生豆の新しい値付けのあり方について、そしてお茶の栽培に焦点をあてて歴史や環境に迫ります。

Meet Your Baristaシリーズは、2018 年のワールド・ブリュワーズ・カップ・チャンピオンに輝いた
MAMEの深堀 絵美さん。
カフェでの体験を大きく左右する要素のひとつである音楽について考えたあとは、
数多くの競技会入賞者を輩出するOnyx Coffee Labの創業者Jon Allenさんが
自身の経験から語る組織のあり方について。
Standartのお取扱店をフィーチャーするMeet Your Stockistsでは静岡のロースターをご紹介します。

コーヒー業界でも飲み終わったコーヒーの行く末を変えようと努力する人たちが存在します。
「コーヒーのアップサイクル」ではコーヒーカスの商品化に取り組むmanu coffeeの取り組みをご紹介。
コーヒーの可能性に思いを馳せた後は、「好きな」コーヒーと「美味しい」コーヒーの違いについて哲学します。Meet Your Guestでは、コーヒー界のアップサイクルブランドKissacoの岡本 由梨さんをインタビュー。
最後はおなじみのシティガイド。
今回は独自のコーヒー文化を持ちながらも、国外から入ってくるアイディアを柔軟に受け入れてきたアテネをご紹介!

本当にオススメの1冊です。
ぜひお手にとってあなたの1冊になりますように。

---------------------------------------------------------------------------------------------

Standart Japan 創刊!

コーヒーが生み出す会話、出会い、そして濃厚な時間。私たちを惹きつけるのは、コーヒーの持つそんな魅力です。

Standartは、「美味しいコーヒーを誰もが気軽に楽しめるようにしたい」という想いから始まった、スペシャルティコーヒーの文化を伝えるインディペンデントマガジン(季刊誌)です。コーヒー業界で働く人々、コーヒーが大好きな人たち、そしてコーヒー文化やその文化が生まれる場所を「繋げる」ために厳選されたコンテンツを読者にお届けしています。

現代はデジタルで溢れかえっています。優れたコンテンツは、じっくりと腰を据えて読む価値があると信じているStandartにとって、紙媒体こそが、洗練されたデザインを通して世界中から届く素晴らしいメッセージを伝える最適な手段だと考えています。120ページ以上もの美しくデザインされた1冊の本には、インタビューや知的好奇心を刺激する記事、世界都市ガイドやショートストーリーといった様々な角度から捉えたコーヒーの魅力がぎっしり詰まっています。Standartは、ニューヨーク、ロンドン、メルボルン、東京などで活動する才能溢れるアーティストやライターといったコントリビューターたちによって支えられています。

現在、Standartのお取り扱い店は世界53カ国以上に広がり、創刊した2015年と翌年2016年には、コーヒーニュースサイトのSprudgeより、Best Coffee Magazines部門のSprudgies Awardsにノミネートされました。2017年3月にStandartは日本語での販売を開始します。この日出ずる国に根付くコーヒーへの情熱と活気の溢れるコミュニティーの一員になるべく、Standart Japanの創刊号が日の出を見るのです。

ADD TO CART

販売価格
1,566円(内税)
購入数


---発送のお知らせ---
月曜日の朝10時までにいただいたご注文を
その週始め月または火曜日に発送いたします。
(ご注文が重なるなど発送が遅れる場合は
ご連絡させていただきます。)
どうぞよろしくお願いいたします!